暖かい冬 

kobe_night.jpg

早いもので、1月ももう終わりですね。
今年は暖冬続きで、スキーに行こうと思っても
ゲレンデ情報を常にチェックしておかないと
コンディションがわからない今日この頃です。
寒いのは苦手ですが、寒いから楽しめるものもあって、
やっぱり冬は寒くあってほしいもの…なんて、
冬が苦手のくせに勝手なことを思ってみたり(^^;
寒い冬だからこそ、イルミネーションも雰囲気がありますよね。
ということで、今日は神戸のイルミネーションです。

(2006年12月撮影)

撮影地:兵庫県神戸市

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2007/01/31 19:18] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(2)

Break Time 

coke3.jpg

いろんなことに翻弄される日々だからこそ、
休日くらいはのんびり過ごしたい。
ふらっと出かけた街で見つけた喫茶店で
まったりとブレイクするのも
休日の楽しみであります。

(2007年1月撮影)

撮影地:大阪府大阪市・大阪駅前第4ビル内

撮影機材:GR DIGITAL


[Break Time]の続きを読む
[2007/01/29 21:42] 大阪の風景 | TB(0) | CM(4)

1・17という日 

hanshin.jpg

あれからもうそんなに経つのか…

毎年、この日が来るたびに、そう思います。

1995年1月17日、午前5時46分
阪神淡路大震災が発生しました。

神戸や北淡の街は壊滅状態に陥り、その周りの阪神の街も災害を受けました。

僕が住んでいた尼崎も例外ではなく、傾く家や電柱、そして液状化現象や
ライフラインの寸断など、本震後に何度も襲いかかってくる余震におびえながら
不安な夜を数ヶ月続けていたのを覚えています。

あの頃、一番不便になっていた、鉄道。
地元は阪神電車が走っているんですが、芦屋から向こうの線路は破壊され、
非常に不便な思いをしました。

今実家に帰る時に、阪神梅田駅に立って「急行 三宮行き」などの表示を見ることができますが、
いったい復旧はいつになるんだろうと、当時は想像もつきませんでした。

2~3年かかると言われた鉄道の復旧も、JRを皮切りに阪急、そして阪神と
次々に1年程度で復旧していきました。
そして、根元から折れた阪神高速神戸線も、今では何もなかったかのように
元の姿を取り戻し、阪神間の移動の動脈の役目を果たしています。

あれから12年。

本当に、よくここまで復興したものだ…と、震災後も何度も神戸の街に
足を運んでいますが、その度に必ずそう思います。

何年もかけて、元の生活を取り戻しつつあるいまだからこそ、震災で得た
教訓を忘れないようにしていきたいものですね。

実は、僕もあの時の震災を教訓に、今の部屋にラジオ付き懐中電灯を常備しています。
実家の母は、あの震災以来、大切なものはすぐに出せるよう、通帳などを
リュックサックに詰めています。

災害はいつ襲いかかってくるかわかりません。

「備えあれば憂いなし」

ありきたりな言葉ですが、その意味がとても心に響く、今日の日でした。

毎年、この日が来るたびに、あの日に得た教訓をもう一度思い起こして
災害に備えていきたいと思います。

(2006年12月撮影)

撮影地:兵庫県尼崎市・阪神電車武庫川駅

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G

[2007/01/17 20:02] 兵庫・尼崎の風景 | TB(0) | CM(4)

冬の使者 

kamome4.jpg

冬に訪れる渡り鳥の中でも、ユリカモメが一番好きです。
街中で彼らの姿を見かけると、なんだか嬉しくなったりします。
こんな可愛らしい姿をしたカモメたちも、一冬限定の姿なんですよね。
出会うことのできる今だからこそ、もっともっとたくさん撮りたい、
そんな思いでいっぱいです。

(2007年1月撮影)

撮影地:兵庫県尼崎市

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[冬の使者]の続きを読む
[2007/01/16 23:06] 兵庫・尼崎の風景 | TB(0) | CM(3)

幻想の湖沼 

senjyoji1.jpg

湖の中に生きる木々に出会いました。
この風景を見たとき、夜明けの湖という演出が似合うような気がして、
ホワイトバランスをタングステン光の色温度域で選び、青く染まった
幻想的な色合いにしてみました。
本当は、日中の夕暮れ前に撮った景色なんですけど、
夜明け前の雰囲気が伝わったなら幸いです(^^)
ここに霧があったら、もっといい雰囲気なんでしょうけど、
さすがに夕暮れ時ですから…
フォギーフィルター買っとくべきでした(笑)

(2006年12月撮影)

撮影地:兵庫県三田市・千丈寺湖

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[幻想の湖沼]の続きを読む
[2007/01/13 19:10] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(4)

「寒」の景色 

tree.jpg

毎年冬の季節になると、寒さを写真で表現したいと思うことがありまして、
そこで表現したくなるのが、葉が散った後の枝が残った大きな木です。
冬は色彩に乏しい季節ですが、それを逆に利用して冬ならではの景色を…と撮ってみました。

う~ん、こんな感性でそれが伝わるでしょうか(笑)

(2006年12月撮影)

撮影地:兵庫県三田市

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[「寒」の景色]の続きを読む
[2007/01/11 23:51] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(3)

昇りゆく赤 

sunrise3.jpg

昨日が暮れゆく青だったので、今日は昇りくる赤です。
昨日の青と、対比させてご覧下さい(^^)

一日のうちで、このような色合いを見せてくれる時って、
ほんの一瞬しかないんですよね。
だから、その風景を切り取って残せる写真って、
ホントすごいと思います。

記録するものがフィルムからデジタルに変わっても、
その根幹にある写真の醍醐味は変わらないですね。

(2007年1月撮影)

撮影地:兵庫県芦屋市・芦有道路

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2007/01/10 22:34] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(3)

昨年度、ラストショット 

sunset.jpg

去年の大晦日の最後に撮った写真をアップします。

大晦日の日は、一日写真とドライブに没頭する一日でした。
それはもう、1GのCFカードが満杯になって、予備のCFカードを
使わないといけないくらい撮りまくりました(笑)
まぁ、この時はブラケット撮影を多用したり、構図ずらし撮影を
しながらでしたので、同じ被写体が何枚も撮られてたからですが、
こんなにシャッターを切りまくったのは久しぶりじゃないか?と
思えるくらいに写真を撮っていました。

その日の最後のショットは今年の締めくくりだと思い、
撮るものを選んでいたんですが、ドライブ帰りに寄った
日帰り温泉の施設から出てきたとき、日が沈んだ後の空が
綺麗だったので、これをラストショットとしました。

これだけ綺麗な夕暮れなら、明日の初日の出も期待できるかも…と
思った翌日が今年最初のアップの写真でしたので、感無量でした(^^)

みなさんの昨年度「ラストショット」は、いかがでしたか?

(2006年12月撮影)

撮影地:兵庫県三田市

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2007/01/09 22:45] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(3)

夜明け前 

royu2.jpg

昨日の初日の出から時間が少し遡りますが、夜明け前の阪神の街並みです。
うっすらと霧に包まれている街並みがとても幻想的で、初日の出を見る前に
パシャパシャと写真を撮りまくっていました(笑)

辺りには、初日の出を見る人々の車がたくさんいたんですが、
この風景を撮っているのは僕だけで、みんな車の中で待機状態。
皆さんのお目当ては、初日の出だけのようでした。

う~ん…風景写真を撮る人でしか、この風景には興味ないのかなぁ…
幻想的な景色が広がってるのに、もったいない…と感じるのは、僕だけでしょうか(^^;

(2007年1月撮影)

撮影地:兵庫県芦屋市・芦有道路

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2007/01/06 23:32] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(4)

2007年、初日の出 

royu1.jpg

新年、明けましておめでとうございます。
今年も、あいも変わらずのマイペースなブログではございますが、
この一年もぼちぼちと写真を撮って、皆さんと交流できればと思っております。
どうぞ本年も、よろしくお願い申し上げます。

さて、今年一発目は、今年の元旦に撮りに行った、初日の出です。
場所は芦屋の、芦有道路(芦有ドライブウェイ)です。
正月は実家に帰っておりましたので、六甲山等の山々も非常に近く、
尼崎という下町に生活をしておきながらも、こういった場所まで
車で30分もあれば行けるのでした。

暖冬といえど、この日の山は午前5時の気温がマイナス1度、
凍りつくような寒さの中、ドライブウェイの途中に車を止めて、
車の中で日の出の瞬間を待っていました。

午前7時ちょっと過ぎ、東の生駒山系から昇る太陽が見えたときは、
久しぶりに太陽を見て感動をしました。

「あぁ~2007年の幕開けやぁ~!!」

ここ数年、大阪・兵庫にいると決まって天気は曇り空で、
今年の初日の出も、天気予報は怪しげな予報を流していましたが、
昨年の大晦日が綺麗な夕焼けで終わったので、密かに期待していました。

何事も、あきらめずに挑戦しなければいけませんね。
この写真に対する情熱を、仕事にも注ぐことが出来ればいいなぁとは思うんですが(笑)

でも、寒い思いをしてでもこの写真が撮れたときに実感しました。

あぁ、自分は本当に写真が好きなんだなぁ…て(^^)

今年はいったい、どんな場所に行って、どんな風景に出会うことが出来るんでしょうか。

時にスランプに落ちるときがあれども、写真というものに前向きに付き合って
いきたいと思っています。

そして、今年の終わりには、いい風景にいっぱい出会えた年だったと思えるようにしたいです。

最後に、今年一年が皆さんにとってよい年でありますように!!

(2007年1月撮影)

撮影地:兵庫県芦屋市・芦有道路

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2007/01/05 23:54] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(4)