FC2ブログ

















どこまでも積もる雪 

氷ノ山0803_8

子供の頃、雪を見てると不思議に思いました。

これだけの森の中でも、どこまでも雪が積もっている。
ということは、空を遮る木の枝をすり抜けてさらに、これだけの雪が
地上に舞い降りているということだよな…

樹氷もそうですが、いったいどれだけの時間をかければ
このような自然の雪景色が出来上がるのだろう…

そんな事を子供の頃は考えていましたが、それは大人になって
自然の原理がわかってきても、いまだに素朴な疑問です。

そうなる過程を自分の目で見たことがありませんから(笑)

百聞は一見にしかず、でもこんな場所で一見してたら
凍えて体ごと凍ってしまうことでしょうね(^^;

(2008年3月撮影)

撮影地:鳥取県若桜町・わかさ氷ノ山スキー場

撮影機材:GR DIGITAL


[2008/03/17 21:45] 鳥取の風景 | TB(0) | CM(5)