北陸雪景色、完結編 

大野0901_7

さて、1月に旅した北陸の冬景色も完結編です。

最後は、同じくJR越美北線からの車窓からです。
今度は外の景色に目を向けて見ました。

こうやって雪国で撮影できるのも、雪に負けずに
交通を動かして下さっておられる人々のおかげです。

雪国ならではの苦労を感じただけに、
地元の方々には感謝の気持ちで一杯でした。

(2009年1月撮影)

撮影地:福井県・JR越美北線車内にて

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[北陸雪景色、完結編]の続きを読む
[2009/02/22 20:50] 車窓スナップ | TB(0) | CM(6)

越美北線の車窓から・冬 

大野0901_9

ちょっと前後してしまいますが、越前大野に行く際に利用した
JR越美北線の車内から撮った車窓風景です。

以前に大野へ行った時も、車内が空いていたので列車の最後部にて
撮影をさせていただきましたが、今回はその冬バージョンです。

全体的にソフトフォーカスっぽくなっているのは、窓に付着している水滴に
よるものです。最初は「う~ん、水滴取れないかな…」と思っていたんですが
厳冬地域を走っているものですから、仕方のないようです。

それでも、これはこれで雰囲気が出てアリかな…と、改めて思いました。
写真って答えはなく、感じ方は人それぞれなので奥が深いですね。

(2009年1月撮影)

撮影地:福井県・JR越美北線車内にて

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[越美北線の車窓から・冬]の続きを読む
[2009/02/20 19:54] 車窓スナップ | TB(0) | CM(2)

大野の街並み・冬 

大野0901_16

越前大野の街スナップ、後編です。

雪の町をカメラ片手に歩くのは大変です。滑りますから(苦笑)
確か、雪の上を歩く歩き方ってあるんですよね。
すり足気味ではなく、上から雪を踏みつけるようにして歩くと滑りにくいそうです。
でも、力を入れすぎると滑ります(汗)
おかげで、大野の街中で一人ツルツル滑っていました…
明らかによそから来た人丸出しですよね(^^;

あ、受験生の方がおられましたら、この文章は読まない方が精神的に健全かと思われます(--;

(2009年1月撮影)

撮影地:福井県大野市・越前大野

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[大野の街並み・冬]の続きを読む
[2009/02/17 21:42] スナップ | TB(0) | CM(4)

越前大野は冬が似合う 

大野0901_23

場所は奥越前、大野の街にやってきました。

前回越前大野に行った時は秋だったんですが、その時にぜひ
冬の越前大野に行ってみたいと思っていまして、今回は
その希望を叶えることができました。

前回の様子はこちら→ 

大野の街の雪景色は、想像以上に厳しいものでした。

(2009年1月撮影)

撮影地:福井県大野市・越前大野

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[越前大野は冬が似合う]の続きを読む
[2009/02/16 00:15] スナップ | TB(0) | CM(3)

嵐が来ても必ず晴れる -雨晴海岸- 

雨晴0901_1


JR氷見線を終点の氷見まで、その途中に海沿いを走る区間があり
その海岸を「雨晴(あまはらし)海岸」といいます。

厳冬の日本海、その気候の厳しさに浸りたくて
寒いのを覚悟して途中下車です。

次の列車は1時間後。
その間、容赦なく吹きつける冷たい風と降り積もる雪に耐えながら
あえて寒さを感じつつ、冬の日本海を焼き付けてきました。

(2009年1月撮影)

撮影地:富山県高岡市・雨晴海岸

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


[嵐が来ても必ず晴れる -雨晴海岸-]の続きを読む
[2009/02/03 23:47] 北陸の風景 | TB(0) | CM(4)