昭和の山村風景・・・鳥取県・板井原集落 

IMG_4496.jpg

昭和30年代の風景が今でも残る、鳥取県智頭町の板井原集落。
ここは標高の高い山奥で、古くは養蚕産業を主体として栄えた山村でした。

やがて時代の流れと共に産業は衰退していき、
山村の風景も時代に取り残されてしまいました。

近年、その姿が昭和の原風景を表しているとして、
風景を壊さないように観光地整備されていますが、
今でもこの地に住む人々がいて、この集落は生きています。

時代を超えて残された昔ながらの風景。
いつまでも大切にしたい、日本人の心の景色です。

(2010年5月撮影)

撮影地:鳥取県智頭町 板井原集落

撮影機材:Canon Power Shot G11


[昭和の山村風景・・・鳥取県・板井原集落]の続きを読む
[2010/05/08 22:57] 鳥取の風景 | TB(0) | CM(4)