赤と緑の共演 

kyoto4.jpg

ひと言にモミジと言っても、真っ赤に染まってるものもあれば
まだ青々としているものもあります。

紅葉が魅力的なのは、全てが真っ赤であるからではなく、
緑の葉や周りの木々が、赤く染まった葉をより強調するからでしょう。

自然色の共演ほど、人の心に響く色はないような気がします(^^)

(2006年11月撮影)

撮影地:京都府京都市東山区・清水寺

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2006/11/29 23:24] 京都・みやこの風景 | TB(0) | CM(4)

 そうですね。
 緑と赤の対比が、より赤を強調しているんだと思います。

 ・・・・・一面の赤、というのもちょっと見てみたいような気もしますが・・・・・それはそれで、毒々しいかな?
[2006/11/30 00:06] RKROOM [ 編集 ]

おお~
紅葉シリーズが始まってましたか。
言われるように
自然が織りなす業には、圧倒されそうなほどです。
人間には、想像もできないような・・
考えを超えたものであるから素晴らしいんですね。

その、海霧ですが
ぜひお越しくださいね。
ご連絡をお願いします。
[2006/11/30 00:47] [ 編集 ]

おはようございます。
京都シリーズ、華やかです。
緑と赤の対比、良いですよね。
何事もないように毎年紅葉していく紅葉、いつまでも続いて欲しい光景です。

[2006/11/30 06:09] とっぷん [ 編集 ]

>RKROOMさん

一面の赤も、おそらくとても綺麗だと思いますよ。
旬の京都では、そういった光景も見れるかもしれませんね。
それは、対象物がもみじだから、はんなりした赤で
いいのかもしれません。
一面彼岸花だったら、ちょっと毒々しく感じるかもしれませんね(^^;


>海さん

えぇ、ネタ切れ感が出てきてたので、少しずつのアップです(笑)
ホントに、葉が赤く染まって散っていく自然の姿には
とても神秘的なものを感じます。
散っていく季節、淋しくもありますが自然の営みに感謝したいですね。

海霧は、ぜひ行きたいと思っています!!
今年は車を買ったことですし、また行く際に
ご報告させていただきますね!


>とっぷんさん

毎年、紅葉の色づき具合が気になる時期ですが、
今年の紅葉も赤くて綺麗でした。
まだあまり冷え込んでこないので、紅葉も
そんなに綺麗じゃないのかな~って思っていたんですけど、
これだけは見に行ってみないとわかりませんね(^^)
[2006/12/01 21:01] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/138-b90bef19