試みの撮影 

kyoto5_1.jpg

背景が明るいので被写体が暗く写りがちな曇天の紅葉。

実は僕はストロボ撮影はあまり得意ではないんですが、
今回は内臓ストロボを使用して撮影してみました。
直接当ててるので、ディヒューズさせればもっと柔らかく
照らされるのかな…と思うんですが。

とりあえず調光補正で2段ほどアンダーにしてあります。

撮ってはすぐに確認できるデジタルならではの結果でした(^^)

(2006年11月撮影)

撮影地:京都府京都市東山区・清水寺

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



kyoto5_2.jpg

これがストロボ無しの撮影です。
やっぱりストロボを少しかけた方が、光が回って綺麗に写ってる感じがします。
ストロボに頼らなくても、マクロ撮影ではレフ板などがあっても便利ですよね。
ポケットに入る小さなレフ板を一枚買ってもいいかもしれません。
ストロボ多用は、バッテリーを食いますからね(^^;
[2006/12/01 20:55] マクロ | TB(0) | CM(2)

ポケットにはいる?

ストロボを少しかけたほうが、葉っぱが綺麗ですね。
小さなレフ板を使うといいのですね。
調光補正?すこし勉強してきます。うんうん、(^^)v
[2006/12/02 19:18] マリルボーン チェルシー [ 編集 ]

>チェルシーさん

初めまして!ようこそお越しくださいました(^^)
写真を趣味にして随分と経つんですが、写真奥深し、
なかなか自分の納得したように撮れません(笑)
僕もまだまだ勉強中ですんで、色々な意見をいただければ
幸いです。
いつでもお気軽にコメント下さいね~(^^)
[2006/12/02 21:07] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/139-1fe604de