暮れる頃 

kyoto06.jpg

暮れていく竹薮沿いに赤く染まる紅葉。
空気が冷たく張り詰めてきて、気持ちが引き締められる思いでした。
一日の終わりはどことなく淋しさを残しながら、
辺りから薄っすらと光が消えていきました。

手ブレ補正レンズなしでは限界速度を超えた、1/20秒での撮影でした。
焦点距離もレンズ指標で50mmを超えていましたから、限界ですよね…
それでもしっかりと補正してブレない写真を作り上げてくれるのですから
このレンズには本当に感謝しています。

高価なレンズですが、それ以上の効果に満足!の1本です。

(2006年12月撮影)

撮影地:京都府京都市右京区・常寂光寺

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2006/12/10 22:22] 京都・みやこの風景 | TB(0) | CM(3)

今日、ヨドバシカメラで、一眼デジカメなどを
みてきました。
年末とあって、お客さんがびっしり!!!
しかも、それを狙った店側がキムタクを目玉に
Nikonを大売出し中といった感じでした。
ほう、、、と思いながらも、やっぱり欲しいなって
思うのは手振れ補正系でした(笑)
やはりかなり使えるアイテムのようですね。
羨ましいです。こんだけぶれてないのはやっぱりすごいですねー。
[2006/12/10 23:50] atom. [ 編集 ]

こんにちは。
昼間は華やかな紅葉&竹林も夕暮れ時には寂しげになりますよね。
初代VRのレンズと比べてもVR効果が凄いです。
片ボケで修理に出してましたが先日元気にかえってきました。
いい相棒です。(^^)
[2006/12/11 13:28] とっぷん [ 編集 ]

>atom.さん

大阪にもヨドバシがあるんですが、年末商戦で人がいっぱいですよ~(笑)
NikonのD80はキムタク効果もあるでしょうね~。
でも、個人的にああいうシブい映像は、フィルムカメラで宣伝して
欲しかったりします(^^;
手ブレ補正レンズは、買う価値アリですよ!
キヤノンならISレンズ、それに最近ではボディ内補正のカメラも増えてきましたね。
ただ、手ブレ補正レンズはその効果が目でハッキリとわかるので、
安心感が大きいですね~。


>とっぷんさん

暮れ時の京都、そして紅葉も味があっていいんですが、
やっぱり光量不足が気になるところですね。
三脚もそんなに使用できませんし、これはもうVRレンズに
頼らざるを得ません(^^;
おかげで、最近は街中の夜景撮影でも、三脚を持たずに
出かけたりするようになりました。

レンズ、修理からかえってきたんですね。
これからますます、楽しみですね~(^^)
[2006/12/11 21:45] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/148-11754364