幻想列車 

hankyu2.jpg

雨降る嵐山の駅に発車を知らせるアナウンスが流れ、
列車は駅を出発する準備に入ります。
雨雫が滴り落ちる夕暮れの駅はなんだか幻想的で、
優しい色の灯りがとても都会の駅とは思えないような
不思議な空間を創り出していました。

(2006年11月撮影)

撮影地:京都府京都市右京区・阪急嵐山駅

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G

[2006/12/14 23:59] 京都・みやこの風景 | TB(0) | CM(3)

なんかアニメの中の世界みたいですね。
現実にある感じがしないです。
不思議な世界を見ているような感じがしますね。
[2006/12/15 21:02] atom. [ 編集 ]

 ナマで見るより幻想的ですね。
 これ、モノクロとかセピアにしてもいいかも。

 しかし阪急、いつも利用していても気づきませんでした。
 こんなに味がある電車なんですね。
[2006/12/16 00:00] RKROOM [ 編集 ]

>atom.さん

雨が降って辺りが霧雨状になっているんで、ライトが
ぼんやりと照らされているので余計に非現実的に見えます。
でも、よーく見ていただくと、車内は満員で、
通勤ラッシュのようでした。ここだけ現実的です(笑)


>RKROOMさん

そっか、セピアに変換すれば、また違った雰囲気に
なるでしょうね。
阪急電車は、関西で一番絵になる私鉄だと思っています。
茶色一色の上品なカラーが、子供の頃から好きでした(^^)
[2006/12/17 22:19] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/152-2692684a