幻想の湖沼 

senjyoji1.jpg

湖の中に生きる木々に出会いました。
この風景を見たとき、夜明けの湖という演出が似合うような気がして、
ホワイトバランスをタングステン光の色温度域で選び、青く染まった
幻想的な色合いにしてみました。
本当は、日中の夕暮れ前に撮った景色なんですけど、
夜明け前の雰囲気が伝わったなら幸いです(^^)
ここに霧があったら、もっといい雰囲気なんでしょうけど、
さすがに夕暮れ時ですから…
フォギーフィルター買っとくべきでした(笑)

(2006年12月撮影)

撮影地:兵庫県三田市・千丈寺湖

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



senjyoji2.jpg



実際の景色はこんなかんじです。これはホワイトバランスを太陽光にしました。
夕暮れの、山の影に入った部分だったので、あまり明るい雰囲気はありませんが…


senjyoji3.jpg


実際は、このような晴天でした(^^)
フォトショップで後加工して色を調整する手もありますが、
やっぱり現場で勝負するのがおもしろい!!と思います。
こういったことが手軽に出来るのも、デジタルの恩恵ですね!
[2007/01/13 19:10] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(4)

こんばんは。
フォギーなしでも素晴らしいんじゃないでしょうか。
早朝に霧が出るんでしょうね。
これは行かねば。(笑)

それにしても1枚目はホワイトバランスがぴったりマッチしてます。(^^)v
[2007/01/13 22:39] とっぷん [ 編集 ]

 一枚目、ホワイトバランス調整で、とても幻想的ですね。
 「どこ、ここ?私も行きたいっ!!!」なんて思いました。

 ちなみに私もフォトショでの画像調整は、敬遠するほうです。
 RAWで写してDPP(キャノン用のRAW現像ソフト)だと、抵抗ないんですけれど。
 DPPの場合は、カメラで現像するか、パソコンで現像するかの違いだけだし(露出調整は別ですが)。

 これで慣れたらフィルムカメラもいじり倒してみたいなぁ・・・・・と思いますが、先は長そうです^^;
[2007/01/14 23:02] RKROOM [ 編集 ]

すごい幻想的でいいですねー。
夜明け前に撮ったような感じです。
早起きしたのかなーって思ってみていました^^
調整しながら撮れるっていうのはデジカメいいなって思う
ところですよねー。
[2007/01/15 12:33] atom. [ 編集 ]

>とっぷんさん

目の前の風景に工夫が欲しい時、ホワイトバランスを変更するのは
有効ですね。フィルムで言うと、色温度変換フィルターを
使うのと同じですから、この手はよく活用します(^^)
見た目とは違いますが、イメージ通りに仕上がりました。


>RKROOMさん

結局のところ、ホワイトバランスをいじるのは、後で
画像処理をするのと根本的な部分は変わりませんよね。
JPEG画像を後処理すると、荒れていくという点はありますが…
そんな意味も込めて、現場で勝負を楽しんでおります。
でも、現場で自信がなくなった時は、迷わずRAWに逃げたりもします(笑)


>atom.さん

モニターで色味を確認できるのが、一番の利点ですよね。
フィルムなら色温度変換フィルターを使いますが、
あれって結果がわかりづらいものですから…。
あの頃からすると、ホント便利になったと感じます(^^)

[2007/01/16 22:54] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/163-a2589bf1