1・17という日 

hanshin.jpg

あれからもうそんなに経つのか…

毎年、この日が来るたびに、そう思います。

1995年1月17日、午前5時46分
阪神淡路大震災が発生しました。

神戸や北淡の街は壊滅状態に陥り、その周りの阪神の街も災害を受けました。

僕が住んでいた尼崎も例外ではなく、傾く家や電柱、そして液状化現象や
ライフラインの寸断など、本震後に何度も襲いかかってくる余震におびえながら
不安な夜を数ヶ月続けていたのを覚えています。

あの頃、一番不便になっていた、鉄道。
地元は阪神電車が走っているんですが、芦屋から向こうの線路は破壊され、
非常に不便な思いをしました。

今実家に帰る時に、阪神梅田駅に立って「急行 三宮行き」などの表示を見ることができますが、
いったい復旧はいつになるんだろうと、当時は想像もつきませんでした。

2~3年かかると言われた鉄道の復旧も、JRを皮切りに阪急、そして阪神と
次々に1年程度で復旧していきました。
そして、根元から折れた阪神高速神戸線も、今では何もなかったかのように
元の姿を取り戻し、阪神間の移動の動脈の役目を果たしています。

あれから12年。

本当に、よくここまで復興したものだ…と、震災後も何度も神戸の街に
足を運んでいますが、その度に必ずそう思います。

何年もかけて、元の生活を取り戻しつつあるいまだからこそ、震災で得た
教訓を忘れないようにしていきたいものですね。

実は、僕もあの時の震災を教訓に、今の部屋にラジオ付き懐中電灯を常備しています。
実家の母は、あの震災以来、大切なものはすぐに出せるよう、通帳などを
リュックサックに詰めています。

災害はいつ襲いかかってくるかわかりません。

「備えあれば憂いなし」

ありきたりな言葉ですが、その意味がとても心に響く、今日の日でした。

毎年、この日が来るたびに、あの日に得た教訓をもう一度思い起こして
災害に備えていきたいと思います。

(2006年12月撮影)

撮影地:兵庫県尼崎市・阪神電車武庫川駅

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G

[2007/01/17 20:02] 兵庫・尼崎の風景 | TB(0) | CM(4)

 あの日、おっきィさまは尼崎にいたが故に、そして実際に体験をしているが故に、この日は余計に思うことがあるんでしょうね。

 確かに当時、復興には何年もかかる。なんていわれていた記憶があります。
 それが、予想以上に早く復興し、いまや当時の震災を感じさせるものはほとんどなく。

 月日が経つほど、人々の記憶は風化されていくものですが、それでも忘れてはいけないことと言うのはあるんだと思います。
[2007/01/18 00:28] RKROOM [ 編集 ]

12年、、、信じられないほど早いものだなーって思いますね。
被災者の頑張りも実って?本当にすごいスピードで復旧していますね。
毎年、ニュースで見るたびに、頑張ってて偉いなーと思います。
[2007/01/19 20:37] atom. [ 編集 ]

人間の適応能力ってすごいものだと感じます。
でも、まだその傷を持った方がおられることを思うとき
自然は、それぞれに深いものを与えたんですね。

あたたかい大寒の一日でしたが
そちらはいかがでしたか?
[2007/01/20 23:37] [ 編集 ]

お返事がまた遅くなってしまってすいません。
ちょっと会社の方で色々あって、更新する気持ちが
少々下降気味でした(汗)
休日にゆっくり気分転換してきましたので、
またのんびりマイペースでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


>RKROOMさん

神戸の街を歩くと、当時の風景が想像もできないくらいですね。
でも、だからこそ後世に伝えていかないといけない記憶があります。
震災を知らない世代が増えてくるからこそ、震災の経験がある
我々は、この日がくるたびに語り継いでいかないといけないと思います。


>atom.さん

今となっては街もすっかり活気を取り戻していまして、
人々が力を合わせてここまできたんだな…と実感します。
当時はホントにこの先、阪神の街はどうなることかと
思っていましたが、人の力の素晴らしさを感じますね。


>海さん

街は復興していっていますが、人々の生活にはまだまだ
多くの問題が残っています。それでも、ここまで活気を
取り戻した阪神の街の素晴らしさを実感しますね。
震災にも負けない人々の力の大きさを感じます。

相変わらず暖かい日が続いています。
やっぱり、冬は寒くないと感覚が狂いますね(^^;
[2007/01/29 21:10] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/165-53852c87