幾何学的デザイン 

akashi02.jpg

規則正しい、直線の世界。
人間が作り出したそのデザインは、
寸分狂わぬ規則性の元に成り立っています。
また、それがこの建造物の信頼性を揺るぎないものに
築きあげている証拠でもあります。

これは、「舞子海上プロムナード」と言いまして、
実は明石海峡大橋の内部を、橋の内部に設けられた
展望台から見渡せるもので、そこから撮影した風景です。
将来的には、ここに鉄道を通せる構造にもなっているとか。

この通路の先には、淡路島。
歩いて渡ってみたくなる気もしますが…
海上47メートルでは、ちょっと怖いかもしれませんね(^^;

(2007年3月撮影)

撮影地:兵庫県神戸市

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G
[2007/04/04 22:50] 兵庫の風景 | TB(0) | CM(4)

 面白いですね。
 けれど、規則正しく続く三角形に吸い込まれそう・・・・・。

 そっかぁ、明石海峡大橋を電車でわたれる日がくる(かもしれない)んですね。
[2007/04/05 00:09] RKROOM [ 編集 ]

は~い!渡ります。
車だと恐くないでしょうね。
私は歩きでも大丈夫ですよ。
こっちから淡路島に行ったことはあるんですが・・

[2007/04/05 00:21] [ 編集 ]

規則的に続く感じが安心感を与えてくれますね。
橋としてはとてもいいことですね。

おっきィさんは高いところは苦手ですか?
というか本来渡れるところではないんでしょ?
怖いですよねー。。。
[2007/04/06 21:10] atom. [ 編集 ]

>RKROOMさん

ここ明石海峡大橋と共に、鳴門海峡に架かる大鳴門橋も
列車が走れる構造になってるそうです。
でも、実現するかどうかはわかりませんね(^^)
僕としては、人や自転車が行き来できるしまなみ海道の
ようにしてもらいたいものです。


>海さん

僕も、渡れるなら恐る恐る渡る事でしょう(笑)
どんなに高くても、落ちないという安全が保障されてると
大丈夫なものでして(^^;
せっかくだから、歩いて渡れるようにしてもらいたいですね。
風の強い日は大変そうですが…


>atom.さん

高いところは、基本的に安全が保障されている場所なら
大丈夫ですね(笑)
なんで、吊り橋とかも、揺れて怖く感じる人もいますが
僕の場合は「落ちるような設計されてないから大丈夫!!」といった
気持ちで素直に受け入れれます(笑)
この通路は工事関係者のみ通れるのでしょうが、
一般の人もイベントで渡れるようにしてもらいたいですね。
[2007/04/06 21:22] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/188-fdb1ccf2