太平洋の遥か彼方に 

wakayama12.jpg

どこまでも続く太平洋の海。
考えてみれば、紀伊半島から南を向けば
この先オーストラリアまで陸らしきものはなく、
太平洋の大きさに圧倒されます。

水平線の向こうに何があるのか、想像するのが結構好きです。
太平洋を南に向けば、赤道を越えてオーストラリア大陸。
日本海を北に向けば、朝鮮半島、中国、ユーラシア大陸…
まだ見ぬ数々の風景に心を躍らすには、海という場所は最適です。

(2007年8月撮影)

撮影地:和歌山県東牟婁郡串本町大島

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



ニコンD200には格子線をファインダー内に表記できるファンクションがあって、
水平線撮影の際にはその威力をフルに発揮します。
レンズの歪曲収差もその際はっきりわかるんですよね(^^;
でも、手持ちでも三脚でも水平出しの際には非常に重宝します。
ファンクションがない他のカメラでも、ファインダーを格子線マットに
交換して使用しています。

以前間違った事をしていました。

それは、水平出しには水準器を必ず使用していたこと。
確かに、三脚に固定したカメラの水平は水準器で出すのが一番ですが、
これは場合によってはカメラが水平になっても、例えば水平線に対して
平行にカメラを置かないと、必ずしも水平にならなかったり、
複雑な地形の撮影ではカメラが水平であっても、傾いたような構図に
なってしまうことがあるからです。
それを考えずに水準器を鵜呑みにして、ファインダーをしっかり見ていませんでした(恥)

今では水準器に頼りすぎることはなく、なるべくファインダー越しに見える
被写体を見てバランスを考え、補助的に水準器を使うようにしています。

基本中の基本ですが、まだ三脚撮影になれていなかった頃で、
今となってはいい思い出です(^^ゞ
[2007/09/12 22:12] 和歌山・南紀の風景 | TB(1) | CM(3)

大島からの太平洋ですか。
こうみると、ホントに大きい海ですね。
これからまた、海をみる時間が増えそうです^^
[2007/09/13 21:50] [ 編集 ]

 言われてみれば確かに、オーストラリアまで大陸ってないんですよねぇ・・・・・。
 海って、広いなぁ・・・・・。

 という当たり前のことを、水平線を目の当たりにすると、毎回思います。
[2007/09/13 23:21] RKROOM [ 編集 ]

>海さん

この広大な海をいつでも見れる海さんは羨ましい限りです(^^)
同じ和歌山の海でも、紀北と南紀の海の表情はまた違って、
南北に長い和歌山を特徴づける風景ですよね。
僕ももっと南紀の海を見に行きたいです。


>RKROOMさん

そうなんですよね、水平線の向こうは何もないんですよ。
太平洋はホントに広いですよね。
ちなみに、鳥取砂丘の上から眺める日本海も好きです。
太陽が背中にあるから、とても深い青をしていて、
風景も広大ですよね。あそこはいい場所です(^^)
[2007/09/14 22:37] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/221-8a3461c2


オーストラリア大陸オーストラリア大陸(オーストラリアたいりく)は、南半球のオセアニアに位置する大陸で、6つの大陸のなかで最小の面積である。全土がオーストラリア領に属し、東は太平洋、西・南はインド洋、北はアラフラ海に面している。.wikilis{font-size:10px;color
[2007/09/13 14:01] URL オーストラリアに夢中☆