被写体との会話 

tulip4.jpg

写真を撮る人は、被写体との会話を交わしながら撮っています。
おそらく、本人が気づいていなくても、
無意識のうちに心の中で会話してるんじゃないでしょうか。
でないと、構図は決めれませんからね…。
マクロレンズで撮った、チューリップのクローズアップ。
「どうやったら、綺麗に写せるかなぁ」とか、
「どこを切り取ったら、バランスよく収まるかなぁ」など、
花とじっくり会話して出来た写真がこれです。
撮った後に、「ちゃんと会話できて撮れた!!」と喜んだり、
「こうすればもっとよく撮れたのに…会話が足りなかったな」と
反省したりすることが多々ありますが、
そういった被写体とのやり取りもまた、写真の醍醐味のひとつですね。

(2006年4月撮影)

撮影地:大阪府大阪市・鶴見緑地

撮影機材:Nikon D200 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G (IF)
[2006/04/21 11:59] 大阪の風景 | TB(0) | CM(9)

 写真をやらないとわからない感覚ですよね。
 しかもだたシャッターを押すんじゃなくて、ちゃんと被写体と向き合わないと、会話はできない。

 逆に言えば、この感覚がわかるようになると、より写真が楽しくなりますね。
[2006/04/22 01:32] RKROOM [ 編集 ]

あー その感覚わかります^^
でも僕はうまく会話出来ない事多いですけど(;^ω^)
[2006/04/22 01:40] NOM [ 編集 ]

あー、すげえわかる・・・
犬猫のみならず、花にも

「ごめーん、ちょっと撮ってもいいかな?」

と心の会話ではなく、口にしてしまう信道・・・

大和川で昼休みに
「おお。カラシナさんたち、元気?」
と誰が聞いてもヤバイこといいながら撮ってますとも・・・
誰もいないけどね。

そゆとき「撮るんか?しゃあないな」
という感じで写ってくれるので嬉しい。

猫は・・・特にね。
[2006/04/22 10:08] my0817@goo.jp 信道 [ 編集 ]

平面なのに。。。

不思議ですね、生命にはちゃんと主張があって輝きがある。



[2006/04/22 21:25] ぷりん [ 編集 ]

チューリップ

確かに・・・言われれば話しかけているかも~♪
私なんか料理作る時も食材に話かけて居ます。
「美味しくなぁ~~れ♪」って・・・
あっ!でも是は、お呪いでしたぁ~(汗)

可憐なチューリップも接写すると迫力を感じますね
[2006/04/23 13:17] 鹿の子 [ 編集 ]

なんとなくわかる気がします。
私も「もうちょっと、こっちに来てくれるとうまかったんだけどなぁ。」とか花に対して要望をするときあります(笑)
桜がおわれば次は、チューリップですね。
楽しい会話ができたのだろうなというのが伝わる写真ですね。
[2006/04/23 15:56] atom. [ 編集 ]

>RKROOMさん

被写体と真剣に向き合わないと、相手もその最高の姿を見せてくれませんよね。僕も随分とそれに悩まされてきましたし、未だにちゃんと会話できません(笑)もっとたくさん、じっくりと会話できるようになりたいものです。


>NOMさん

また、ご謙遜を(^^;NOMさんの作品はいつもインパクトがあって、ちゃんと会話されている感じを受けますよ。
僕はまだまだ未熟なところが多くて、帰ってモニターを見るたびに、会話が足りないな…と思うことが多々あります。


>信道さん

猫とか撮るとき、すごくわかります。僕は野鳥を撮る際には、ホントにしゃべりかけたり(もちろん、レンズ越しにですが)することがあるんで、はたから見るとかなり危ない人に見えているはずです(笑)


>ぷりんさん

ピントの合うところ、そしてボケているところ、そういった対比が被写体に「生命」を吹き込んでいます。これはホントに、「マクロレンズ」というレンズの効果だと思います。花の生命感を表すにはもってこいのレンズですね。


>鹿の子さん

ハハハ、呪いですか(^^)でも、僕も風景を撮るときに、「天気よ晴れろ~晴れろ~!!」と、カメラ越しに訴えかけることがありますので、その感覚わかります(笑)
チューリップの花びらって、よく見るとホントに綺麗です。


>atom.さん

僕は花が風に揺れてる時、「もう、じっとしといて!!」と要求することがありますよ(笑)でも、花というか、被写体に話しかける感覚は、おそらく写真を撮られる人皆さんが持っていると思いますね。
これからどんどん花が咲いて、楽しい季節になっていきますね。
新緑の季節ももうすぐ、なんだか楽しみです(^^)
[2006/04/23 21:10] おっきィ [ 編集 ]

ホントですね、わたしも そうかもしれません。
写真をはじめた頃 ある人に
「わたしは 被写体を通して 被写体の向こうにいる人と会話している」って言われたことがあります。
わたしは、そのコトバが どうしても 納得できなくて
今でも覚えてる(笑
だって、わたしは 写真を撮る時 被写体の向こうにいる人なんて意識したこと無くて・・・
ただ 目の前の被写体だけに心注いでたから。

[2006/04/25 23:01] ふみか [ 編集 ]

被写体の向こうにいる人との会話…僕もその感覚わかります。
被写体に気持ちを入れ込むこと=被写体を人のように会話をしているということでしょう。もちろん、無意識のうちに。
被写体との会話、これほど大事なことはないな…と思うようになったのは、ホントにここ2年くらいの間のことです。それまでは、パッとかまえてサッと移動していましたから。
いい写真を撮ろうとすれば、じっくり被写体と向き合うことが大切ですね。
[2006/04/26 22:33] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/25-b7e1841e