風景待ちの姿勢 

koochidani_07_03.jpg

香落渓の紅葉です。
この日の山は風がきつく、雲の流れが速いので、
晴れたり曇ったりの繰り返しでした。
晴れてる空と紅葉を撮りたいと思っても、
すぐに背景が雲で白くなったり…
この写真を撮るのに5分くらいじっと待ってました。

山の天気は変わりやすい。

だから、待ちの姿勢で自分のイメージ写真を待ち続けて
撮るのもひとつの撮り方ですね。

(2007年11月撮影)

撮影地:奈良県曽爾村・香落渓

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



koochidani_07_05.jpg

koochidani_07_04.jpg

先にネタバレしますが、今回撮った香落渓は標高もそれなりに高いので
紅葉も綺麗でしたが、昨日行ったいつもの宝塚の山はどちらかというと
茶色っぽい紅葉が多いな、というのが今回の飛石撮影(?)でした。

標高が違うと色づき具合も違うんですよね。それを身を持って経験した
今回の撮影でした。
[2007/11/26 20:14] 奈良の風景 | TB(0) | CM(6)

 香落渓はとてもきれいに紅葉しているんですね。
 鮮やかな紅ですが、この色撮るのに日のあたり具合が大事だったりするんですよねぇ・・・・・・。

 おっきィさま、待ち撮影、お疲れ様です。
[2007/11/26 23:38] RKROOM [ 編集 ]

青空が効いてるなーって思ったら
待っていたんですね。

風景写真は撮るのが大変というよりは
その場所、その時に行くのが大変だといいますよね。
それが醍醐味でもあるのでしょうけど!(^^)!
[2007/11/27 20:38] atom. [ 編集 ]

キレイな赤に紅葉していますね。
今年は、近くの木はほとんど茶色くなっています。
ほとんど望みなしです。
少し遠出したいです。
[2007/11/27 21:59] [ 編集 ]

こんにちは~。

香落渓は行きたい紅葉リストに入ってたんですが、行けずじまい。
こちらで楽しませてもらってます。

1枚目は日が当たるのと当たらないのとでガラッと雰囲気変わりそうですね。

関西の平野部は赤・黄・緑のまだら模様、紅葉としてみれば色づき悪いのでしょうけど絵の具をぶちまけたみたいで面白かったです。
[2007/11/28 09:57] とっぷん [ 編集 ]

こんばんは(^^)
標高の低い地域は、紅葉の差が ホントに 激しいですね^^; 
風の強い日は 被写体ブレをおこしちゃうので、撮るのも大変だよね!わたしは、待ちの撮影ができない人なので、ホントは 風景写真には 向いてないのかもしれません(TT
[2007/11/28 21:20] みのりん [ 編集 ]

>RKROOMさん

最初の1枚は晴れているのに対して、下の2枚は曇天の写真でした。でもこれ、同じ場所で撮ってるんですよ。
ほんの数秒で晴れたり曇ったりの繰り返しですから、
撮るのも大変でした。
風がきつくて、待ってるのがつらかったです(TT)


>atom.さん

狙いを定めて行っても、晴れてるとは限りませんから、
行ってからの大変さもありますよね。
待ちに待って、イメージ通り太陽が出てくれたらラッキーですが、
まったく太陽出ずに肩を落として帰ることもしばしばあります(苦笑)
自然って、ホントに気まぐれです(^^;


>海さん

標高が低いところはあまり赤く染まらずに、茶色で
終わっていくところが多いみたいですね。
今年は運良く、標高の高いところと低いところを
見比べることが出来ました。
おそらく、次の週末が紅葉を楽しめる最後の週末だと
思いますが、色づき具合はいかがなものか、気になります。


>とっぷんさん

香落渓をご存知なんですね!なんだか嬉しいです(^^)
近くには赤目四十八滝や室生寺もあるんですけど、
おそらく人が多いだろうと推測し、あえて交通が不便な
山間の渓谷に行ってきました。
雲の流れが速くて、小刻みに晴れるものですから
撮影もすっごく大変でしたよ(苦笑)
今週末が関西ではおそらく最後の紅葉でしょう。
京都に行く予定なんですが、色づきはどうでしょうね。


>みのりんさん

そうですね。標高によってこんなに差が出てるとは
思ってもいませんでした。毎年紅葉の色づき具合は
とても気になるんですが、今年は綺麗なのかどうか
いまひとつわかりません(苦笑)
次の週末は京都に行ってきますが、そこで答えが
出るのではと思います。
僕も実は、待ちの撮影が得意ではありません。
マクロ撮影なんて、風が納まるまで待つのがすごく
苦手なほうですから(^^;
[2007/11/28 23:37] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/251-b5cf2705