水路閣に会いたくて 

nanzenji07_08.jpg

京都の南禅寺には、琵琶湖疎水の一環として作られた明治時代の近代遺産、
南禅寺水路閣が通っています。
南禅寺といえば大門が有名ですが、僕が南禅寺に行くのは水路閣に
会いたいからと言っても過言ではありません。
学生の頃に初めて見た時から、そのレンガ造りの見事な水道橋に一目惚れ。
しかも100年以上も昔の遺産が、実際に手で触ることができるのですから
そのそばにいるだけでも飽きません。
現代の建築物にはない風格を持ったこの橋を、いつまでも伝えていきたいものです。

(2007年12月撮影)

撮影地:京都府京都市・南禅寺

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



nanzenji07_09.jpg

いよいよ年末が近づいてきました。

年末と言えば…年末調整の季節ですよね(笑)

今、年末調整の仕事に追われてまして、毎日悲鳴をあげながら仕事してます…
それにしても、国税はわかりにくい!!
その業務に携わるものはまだ幾分か理解できるかも知れませんが、
一般の人々は絶対わかりづらい!!
なのに、国がわかりづらくしている税金を、わかりやすく社員に教えるのですから
板挟みになってる民間企業の総務や経理は大変!!
社員の税金に関する苦情は一気にこっちにくるんですから…国に言ってよ!(苦笑)

国税庁さーん、あなたたちの仕事の手間を省くがために、我々民間人が苦労してるの、
忘れないでくださいね~。
日本も納税意識を高めるため、全員確定申告にしませんかぁ~?(笑)
[2007/12/10 22:24] 京都・みやこの風景 | TB(0) | CM(4)

 「水路閣に会いたくて」

 なんだかわかります。
 私もたまーにそんな気分になります。

 理由もわからずに会いに行って、バカみたいにシャッターを押した後は、今度はどこか壊れた人のように、ぼんやりと見上げます。

 ・・・・・はい、はたから見たら、変な人(笑)
 
[2007/12/10 23:05] RKROOM [ 編集 ]

こんばんは~。

影具合がたまりません。
いい時間帯の撮影ですねぇ~

どなたかのblogで建設当時は景観を壊すと大反対だったと知りました。
現代の無機質なコンクリビル、100年後にはどう見えるんでしょうね。
[2007/12/11 22:03] とっぷん [ 編集 ]

こんばんは^^
京都にいたころは 見に行こうとも思わなかった風景。
お寺さんにしても どこにしても、、、
京都を離れて カメラを持つようになってから、、、
会いに行きたくなったような気がします^^
私も 久々に 会いに行こうかな、、、私の好きな京都風景に、、、^^
[2007/12/12 23:03] みのりん [ 編集 ]

>RKROOMさん

前に行った場所、ある時ふと急にでかけたくなることってありますよね。
何気なしにふらっと出かけて、辺りをプラプラ歩いて、
適当な写真を撮りに行くこと、僕も多々あります。
周りから見ると、かなりの奇行だそうですが(苦笑)


>とっぷんさん

冬のコントラストが強い太陽の光を利用してみました。
こうして見ると、本当に年季の入った建築物であることがわかります。
同じ人が作ったものでも、現代建築とは比べ物にならにぐらい
風景にマッチする建築物。
明治の人々の目には、この水道橋はどのように映ったんでしょうね。


>みのりんさん

僕も京都に出かけるようになったのは、やっぱりカメラを
持つようになってからですね。
それからというものの、京都に行く度に写欲が沸いてきまして、
京都が近畿にあってよかったと何度も実感しています。
みのりんさんの見た京都、拝見できることを楽しみにしています(^^)
[2007/12/13 21:47] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/257-41eb5b46