奥出雲の車窓から 

izumo08_05.jpg

ゆっくり走るローカル線の外は、一面の銀世界。
厳しい中国山地の冬の中、列車は目的地に向かいます。
どんなに厳しい季節の中でも、列車は人を安全かつ快適に運んでくれて、
さらに大自然の景色を車窓に映し出してくれる…
鉄道旅の醍醐味はここにあるといっても過言ではありません。

(2008年1月撮影)

撮影地:島根県・JR木次線車内より

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ご覧いただきまして、ありがとうございます。応援のワンクリックをいただければ幸いです!
[2008/01/08 23:59] 旅写真 | TB(0) | CM(2)

 一面雪景色。

 ・・・・・私が始めて(スキー場以外で)これを見たときは、かなりカルチャー(?)ショックでした。
 本当にこういう景色があったのかと(笑)
[2008/01/09 00:29] RKROOM [ 編集 ]

>RKROOMさん

雪がある地域では普通の光景なんでしょうけど、
馴染みがない場所に住んでいたら、なかなかこういった
風景に出会うことはありませんよね。
子供の頃、年に数回降った雪が積もった日はとても
嬉しかったのを覚えています(^^)
[2008/01/10 23:25] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/264-074c03e9