合掌造りの郷(失敗編) 

白川郷0801_1

世界遺産にも登録されている、白川郷の風景です。
奥飛騨の郷は本当に山深い場所にあって、冬の積雪も半端ではありません。
そんな場所で、昔の人々の知恵でできた建物が「合掌造り」。
まるで合掌のような形をした屋根の建物は、この地方独特の建物で、
これだけ遠目に見ても立派な建物であることは一目瞭然。
そこには、昔の人々がこの地ならではの厳しい冬を乗り越えるために
作り出した、「この場所で生きていく」ことを象徴するものなのでしょう。

(2008年1月撮影)

撮影地:岐阜県白川村・白川郷

撮影機材:GR DIGITAL



白川郷0801_2

これがオリジナル画像です…
…すいません、大幅にトリミングしています(爆)

撮影機材のとおり、GR DIGITALで撮影しました。

どうしてこうなったかというと…

もともと1泊2日で、岐阜の奥美濃にスキーに出かけておりまして、初日に調子に乗って
ガンガン滑ったので、2日目は筋肉痛…
とても滑れる状態じゃなかったので、友達に直訴して2日目のスキーは敬遠しました(汗)

じゃあ、せっかく岐阜にきてることだし、観光でもして帰ろうということになりまして、
奥美濃から比較的近い(といっても、数十キロありますが)白川郷に行こうということで
向かったのはいいのですが、手元にあるのは本来スキーしながら撮影しようと思って
持ってきたGRがあるのみ…

単焦点のコンデジで世界遺産に挑むという、恐れ多い状況になってしまったのであります(笑)

白川郷があらかじめ予定に入っていたなら、確実に一眼レフを持っていったんですが…
本来スキー目的でしたし、スキーしながら一眼レフは厳しいですから(^^;;

おかげで、周りの一眼レフを持っておられる写真家の皆さんがとーってもうらやましく思ったりしまして、
この時ばかりは「使い捨て一眼レフなんてないかなぁ!?」と嘆きながら撮影してました(笑)

…というプロセスがあるわけで、つけたタイトルは「失敗編」です(笑)
失敗ながらに精一杯撮った白川郷、少しでもお伝えできれば幸いです(^^;

[2008/01/29 21:32] スナップ | TB(0) | CM(3)

 お疲れ様でした。

 ・・・・・使い捨て一眼レフ。
 実用的なような、そうじゃないような・・・・・?(笑)

 次こそは、一眼レフで再チャレンジをしてください。
[2008/01/29 23:31] RKROOM [ 編集 ]

今 とても行きたい場所なんですよ。
こんなに雪がすごいんですね。
どうやって行けばいいのやら・・?
[2008/01/30 23:50] [ 編集 ]

>RKROOMさん

使い捨て…考えれば、環境に優しくなかったですね(笑)
ならば、レンタル一眼レフなんてどうでしょうか…
観光地には、僕みたいな客が1~2人くらいは
いるはずですから(笑)
今年中に、リベンジしたいと燃えております(^^)


>海さん

奥美濃から行ったんですが、白川郷に向かえば向かうほど
雪がすごくて車の運転も大変でした…
うまく使えば、鉄道とバスでも行けるみたいです。
冬は行くのが大変ですが、それだけの価値はある場所なので、
ぜひともお勧めいたします(^^)
[2008/01/31 21:08] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/270-884a39d4