厳しい季節を耐え抜く 

白川郷0801_3

岐阜県白川村は本当に雪深い場所でした。
この日は雪が吹雪いていて、撮影する手も冷たく冷え切るような気候。
このような場所で、幾多もの年月を重ねてきた白川郷の合掌造り。
今でこそ、世界遺産として多くの人が訪れますが、この建物ができた当初は
道も整備されてなく、豪雪に悩まされてきた場所だったことでしょう。
長年の歴史と厳しい冬に耐え抜いてきた合掌造りは、独特の存在感を
かもし出している気がします。

(2008年1月撮影)

撮影地:岐阜県白川村・白川郷

撮影機材:GR DIGITAL


[2008/01/31 21:18] スナップ | TB(0) | CM(2)

 まさに歴史の重みですね。
 合掌造りも、この豪雪を乗り切るために考えられた手法なんだとか。

 昔の人の知恵って、ほんと偉大ですね。
[2008/01/31 22:45] RKROOM [ 編集 ]

>RKROOMさん

屋根が住居の大半を占めるのは、本当に独特ですね。
雪深い飛騨ならではの昔の人の生活の知恵なんでしょう。
本当に、歴史を感じる建物です。
[2008/02/01 17:15] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/271-e21ddfce