樹木が凍りつく世界 

氷ノ山0803_5

わかさ氷ノ山スキー場では、関西~中国地方では珍しい樹氷が見られます。
この日も見事なまでの樹氷が形成されていました。

これだけ着雪するには、相当の雪が吹きつけられたことでしょう。
冬の厳しさを感じながらも、樹氷の見事さに心を奪われました。

(2008年3月撮影)

撮影地:鳥取県若桜町・わかさ氷ノ山スキー場

撮影機材:GR DIGITAL



氷ノ山0803_3


横位置で樹氷の「広がり」を、縦位置で樹氷の「伸び」を表現しました。

辺りを見回してみると、スキー場で風景写真撮ってる人って、あんまりいないんですよね。
こんなに素晴らしい風景があるのに、なんで皆はスキーやスノボに夢中になってるんだろう。
撮影しないともったいないやん!!…と考える僕は感覚ズレしてるんでしょうか(笑)

普通はゲレンデに滑りに行くんですけど、僕はゲレンデに「撮りに行ってる」趣旨が強いです(^^;
[2008/03/04 21:36] 鳥取の風景 | TB(0) | CM(8)

 氷ノ山で、樹氷が見られるとはまったく思いもしませんでした。

 これは・・・・・やっぱり来シーズンは、通うべきか?(笑)
[2008/03/04 23:46] RKROOM [ 編集 ]

おおっ!
これはすごいですね。
なんでもない景色が雪によってアートになりますね。^^v
[2008/03/08 10:26] CLと棒 [ 編集 ]

こんにちは~。

縦位置と横位置とでかなり印象が違いますね。
こんないい樹氷があったら滑るだけじゃもったいない。
なぁ~んて考えは写真撮る人間では多数派じゃないでしょうか。(^^)
[2008/03/09 11:08] とっぷん [ 編集 ]

お久しぶりです

水墨画を見てるような写真に感動です

雪を被っても凛とした木々にはパワーも感じますよね
[2008/03/09 15:30] 鹿の子 [ 編集 ]

こんばんは^^
自然の作り出す造形美って 不思議だけど 美しいですね^^
ゲレンデで 滑りながら 風景を撮れる おっきィさんのスキーの腕前は 相当なものなんだろうな^^
[2008/03/09 18:25] みのりん [ 編集 ]

>RKROOMさん

調べたところによりますと、氷ノ山は西日本でも珍しい
樹氷の見れる場所、とガイドに書いてありました。
東北のような迫力ある樹氷は見れませんが、通う価値は
十分にあるかもしれませんね(^^)


>CLと棒さん

関西近辺では、樹氷が見れるゲレンデはなかなか無いものでして、
この時はスキーを放棄して撮影に専念してました(笑)
雪は全ての風景を絵にしてくれるから、不思議ですよね。


>とっぷんさん

こういった被写体はいつも縦・横両方を撮影しています。
アップする時に迷ったので、両方アップしちゃいました(笑)
景色は綺麗なんですけどね~、意外とゲレンデで撮影
してる人って少ないんですよ。
やっぱり、スキーやスノボで滑走を楽しみたいから、
みんな機材を持ちたくないのが本音でしょうね(苦笑)


>鹿の子さん

雪景色は色のある風景をモノトーンの景色に変えてしまいます。
それが冬らしさを象徴する風景でもありますよね。
大阪に住んでいればなかなか見れない雪景色、
ゲレンデに行って毎年満喫しています(^^)


>みのりんさん

いやぁ~スキーと言ってもショートスキーで滑ってますから、
腕は大したことはありません(笑)
ショートスキーゆえに、止まりたいときはいつでも止まれるし、
撮影しながらのスキーには持ってこいです!
たぶん、普通の長いスキー板をつけたら、カメラは持てないでしょうね。
スピードは出るし止まらないで、怖いですから(苦笑)
[2008/03/10 08:29] おっきィ [ 編集 ]

お久しぶりです

私もゲレンデに一眼レフもちこんだりしますよ(笑)
しかし見事に雪景色ですね。

私個人としては、縦の写真が好きです。
迫力と美しさを持ち合わせた、いい写真ですね(^。^)
[2008/03/10 20:26] atom. [ 編集 ]

>atom.さん

おかえりなさい!
再会をお待ちしておりましたよ~また、のんびり
いきましょうね(^^)

ゲレンデに一眼レフですか!僕にはまだそこまではムリです(笑)
でも、ゲレンデだからこそ一眼レフを使いたくなりますよね~。
来シーズンこそは、もっとうまくなりたいです(笑)
[2008/03/10 21:09] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/287-4af141a3