吹雪の雪原 

氷ノ山0803_6

吹雪の中、かすんで見える風景は自然のソフトフォーカス。
体にまで吹きつける冷たい雪が、冬の厳しさを教えてくれます。

過酷な状況の中でこそ感動する風景があると言われますが、
その意味を、身をもって感じました。

(2008年3月撮影)

撮影地:鳥取県若桜町・わかさ氷ノ山スキー場

撮影機材:GR DIGITAL



氷ノ山0803_7

上の写真の1分後が、この写真です。
ホントに山の風景は変わりやすいですね。

吹きつける吹雪の中、GR DIGITALは本当によく耐えてくれました。
ポケットの中にサッと入れて雪から防御することもできますし、
ゲレンデでは最高に使い勝手のいいカメラです。

これであとはズームがあればなぁ…というのは、贅沢な願いなんでしょうかねぇ(^^;
[2008/03/10 21:06] 鳥取の風景 | TB(0) | CM(3)

ホントに ころっとかわちゃうんですね、山のお天気って・・・。金沢の冬の天気も コロコロ変わりますが。
ポッケにはいる コンデジは 便利ですよね^^
ズーム あったらいいね(^^; 
[2008/03/11 23:52] みのりん [ 編集 ]

雪山ってすごく魅力的ですね。
スキーへ行くしかなさそうです。
雪見たいですね。
[2008/03/12 22:39] [ 編集 ]

>みのりんさん

そうなんですよ。リフトに乗って吹雪いてきたので
「これだ!!」と思って撮影しようとしたら、
すでに吹雪が止んでいたりしました。
来年こそは、ズーム付きのポケットに収まるような
コンデジを買いたいです(^^;


>海さん

ゲレンデは標高の高い場所にありますから、
冬の自然を撮影するには本当に最適の場所ですね。
今シーズンはもう終盤ですが、来シーズンこそは
ぜひ出かけられてみてはいかがでしょうか。
[2008/03/15 13:25] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/288-6e161327