岩礁の造形 

南紀0804_26

故郷の串本・荒船海岸の風景です。

外海の荒波に削られてできた岩礁の形は独特です。
長い年月をかけて出来上がった岩の模様は、さらにこの先
長い年月をかけて形を変えていくのでしょう。

終わりのない自然の芸術、今の形は何百年の時間をかけてできたのでしょう。
そういうのを思い浮かべながら、この海岸を散歩するのがとても好きです。

(2008年4月撮影)

撮影地:和歌山県東牟婁郡・串本町田原・荒船海岸

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



南紀0804_27

南紀0804_30

撮影に訪れた時は、海岸沿いで油絵を描かれていた人がいました。
それほどこの海岸の奇抜な形は絵心を刺激するのでしょう。

当然、写真心も刺激される場所ではあるのですが、
未だに納得いく写真が撮れません(苦笑)

自分の故郷であるのに、なんだか悔しいですね(^^;
[2008/05/09 22:24] 和歌山・南紀の風景 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/312-cc7d93ca