北国の車窓から -JR大糸線(2)- 

大糸09_09

引き続き、大糸線の車窓からです。
数が多いので2回に分けました。

川の石に雪が強く吹きつけることによって、「雪のマシュマロ」とでも表現しましょうか、
見事な自然の造形が出来上がります。

積雪が多い甲信越地方ならではの、またその地を走る大糸線ならではの
車窓からの風景です。

(2009年1月撮影)

撮影地:JR西日本・大糸線車内より

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G


 
 
 
【2】

大糸09_06




【3】

大糸09_04




【4】

大糸09_02




【5】

大糸09_11




【6】

大糸09_12


これだけの雪にもかかわらず、地元の人々の生活の足として走り続ける鉄道に
今回は本当にお世話になりました。ありがとうございました。

[2009/01/28 23:23] 車窓スナップ | TB(0) | CM(4)

 雪の川辺、ものすごく惹かれる被写体です。

 ・・・・・が。
 鳥取在住時代、雪のお陰で陸と水の境が分からずに結局川原まで降りていけませんでした ^^;
 ・・・・・多分、今でもやっぱり降りていかないと思うけれど。
[2009/01/28 23:51] RKROOM [ 編集 ]

こんにちは~。
川とかに出現する綿帽子状の物体、好きでございます。

ここまでの豪雪でも運行する鉄道、凄いことですね。
日本海、ローカル電車の旅は憧れでもあります。
[2009/01/30 12:25] とっぷん [ 編集 ]

okkieさん こんばんは^^
さすが 有数の豪雪地帯、すごい雪だね、、、
金沢の町中に降る雪より はるかに多いよ^^;

車窓からの風景も素敵だと思います。
こんなとこ 車やバイクで 絶対いけないもん(笑)
窓辺の風景を 見つめながら シャッター切ってるokkieさんを 想像してしまいました^^
楽しそう^0^
[2009/01/30 19:21] みのりん [ 編集 ]

★RKROOMさん

雪に埋もれた河原…どこからが境目かわかりませんから
ちょっと降りるのは怖そうですね(^^;
列車が鉄橋を渡るとき、雪の川を撮るチャンスがきます。
窓越しに、カメラ構えてじっとしている僕は、おそらく
車内で怪しい姿だったと思います(笑)


★とっぷんさん

雪景色は、何気ないものも写欲をそそる被写体に変えて
しまうから素敵ですね。これほどの形になるには、
よほど雪が積もらないとダメなんでしょう。
自然の力のすごさを感じますね。


★みのりんさん

ご無沙汰しています(^^)
新潟と長野の県境付近なんですが…すごい積雪量に絶句でした。
正直、すごい所に撮影に来たものだと…列車が動いて
なければ撮れない景色ですから、鉄道には本当に感謝です。

これだけの車窓ですから、写真好きな人はシャッターを
切らないわけがないんですよね~。車内のあちこちから
シャッター音が聞こえてきました(笑)

追伸:金沢、時間の都合で乗り換えでしか立ち寄れませんでした(爆)
次回こそは、金沢を目指して旅したいです(^^;
[2009/01/30 20:43] okkie [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/353-3da6812b