嵐が来ても必ず晴れる -雨晴海岸- 

雨晴0901_1


JR氷見線を終点の氷見まで、その途中に海沿いを走る区間があり
その海岸を「雨晴(あまはらし)海岸」といいます。

厳冬の日本海、その気候の厳しさに浸りたくて
寒いのを覚悟して途中下車です。

次の列車は1時間後。
その間、容赦なく吹きつける冷たい風と降り積もる雪に耐えながら
あえて寒さを感じつつ、冬の日本海を焼き付けてきました。

(2009年1月撮影)

撮影地:富山県高岡市・雨晴海岸

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



 
 
【2】

雨晴0901_2




【3】

雨晴0901_3




【4】雪の中、高岡へと去り行く列車。

雨晴0901_6




【5】雪の雨晴駅。次の列車は1時間後

雨晴0901_5




【6】雪国らしく、駅舎は立派な造り。

雨晴0901_4


当初、この旅でここに立ち寄る予定はありませんでしたが、時刻表とにらめっこすると
どこかで1時間、旅程に余裕時間を入れることができることが判明しましたので、
以前から気になっていました、雨晴にて途中下車を決行しました。



それにしても、「雨晴(あまはらし)」って、素敵な名前だと思いませんか?

名前の由来は、京都から東北へ逃亡する源義経が、この近くの岩陰でにわか雨の晴れるのを
待ったことに由来ことから「雨晴」と名づけられたそうです。歴史に関わる名前なんですね。

以前から富山近辺を地図で見て「あまはらしって、いい名前やな~」と思いつつも
具体的にどのような場所か調べていませんでした。

今回は冬に訪れましたが、夏は海水浴場として賑わうそうです。
また、晴天の日は富山湾越しに立山連峰が見える場所として、人気のある場所だそうです。

夏にも訪れてみたいですが、個人的には冬が一番いい雰囲気のような気がします。

冬の嵐に包まれた暗い日本海、そんな中でも「雨晴」の名を聞くだけで、その先には
明るい太陽に照らされた空が待っている…なんだかそんな気分になれます。

そう、止まない雨も雪もないんですよね。雨や雪が降った後には、必ず太陽の光が待っている。
「雨晴」、それはなんだか、暗い気持ちに陥ったときに心さえも晴らしてくれそうな、いい名前だな…

そんなことをふと思いながら、次の列車を待っていました。







ちなみに余談ですが、氷見線の終点・氷見駅はこの時期ならではの味覚、寒ぶりが有名です。
富山駅で売っていた「氷見の寒ぶりかまめし」をほおばりながら、冬の日本海を眺め進む
鉄道旅といったら、もう…最高!

冬の北陸旅は、味覚旅でもあるのです(笑)

[2009/02/03 23:47] 北陸の風景 | TB(0) | CM(4)

おはようございます。
ちょっとご無沙汰していました。
「雨晴海岸」素敵な名前ですね。
始め変わった名前だなと思いましたが、由来を読ませていただいて納得しました。
名前とは裏腹にこの時期は厳しい環境なんでしょうね。
1~3枚目のお写真でその様子が偲ばれます。
雪の日本海は写真以外で実際には見たことがありません。
一度旅をしてみたいと思いますが、大雪で列車が止まりそうで怖い(笑)
昔、金沢に行ったとき実際に列車が止まって一泊せざるを得なくなり、仕事に差し支えて弱ったことがありました。
佐渡では台風のため船が出なくて、これまた一泊足止めされたことも・・・(笑)
でも、一連のお写真を拝見していると、日本海の荒波を見るためには冬のこの厳しい時期こそふさわしい時なんでしょうね。
[2009/02/04 10:41] lucky562 [ 編集 ]

 おおっ、素晴らしい。
 線路が雪に埋もれてる(笑)


 かなりの雪も降っているようですね。
 「雨晴」で、一瞬だけ「雪が晴れて」くれたら、それはそれで素敵な風景になりそうですね。
[2009/02/04 23:29] RKROOM [ 編集 ]

こんにちは okkieさん。
素晴らしい 冬の景色ですね。
すさぶ天気、冬 独特の色合い さすがですね。
1月の終わりから 2月と 暖冬続きで、、、
雪 全然降らないんですよ。
[2009/02/06 15:21] みのりん [ 編集 ]

★lucky562さん

こちらこそ、ご無沙汰してしまいましてすいません。
夏等の穏やかな季節なら、きっと綺麗な海景色が
楽しめるはずの場所ですが、冬はやっぱり厳しい寒さでした。
雪国の交通は雪に強いはずなんですが、それをも上回る
豪雪が降るとさすがにノックアウトのようですね。
僕が行った時も、そのような状況でした。
雪国の人々の大変さが、少しながらわかったと思います。


★RKROOMさん

そうなんです、この時はすごい豪雪でしたから
あえてここで降りていく自分を、車内の人々は
不思議そうな目で見ていました(笑)
これほどの雪に埋もれた場所に列車で来るのは初めてです。
今度はこの海岸の、晴れた海も見てみたいですね。


★みのりんさん

こんばんは。お越しいただきまして、ありがとうございます(^^)
駅に降りたときは雪がやんでいたんですが、しばらくすると
猛吹雪になってきまして…カメラを守るのに必死でした(苦笑)
冬の日本海の厳しさ、少しながら感じることができて
感動しました、雨晴海岸で…。
ここのところ、関西もすごく暖かくて気持ち悪いくらいです。
この撮影をしたのが約1ヶ月前ですが、その時の寒さが
ウソのようですね。
[2009/02/15 23:56] okkie [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/356-2c3915e5