昭和の山村風景・・・鳥取県・板井原集落 

IMG_4496.jpg

昭和30年代の風景が今でも残る、鳥取県智頭町の板井原集落。
ここは標高の高い山奥で、古くは養蚕産業を主体として栄えた山村でした。

やがて時代の流れと共に産業は衰退していき、
山村の風景も時代に取り残されてしまいました。

近年、その姿が昭和の原風景を表しているとして、
風景を壊さないように観光地整備されていますが、
今でもこの地に住む人々がいて、この集落は生きています。

時代を超えて残された昔ながらの風景。
いつまでも大切にしたい、日本人の心の景色です。

(2010年5月撮影)

撮影地:鳥取県智頭町 板井原集落

撮影機材:Canon Power Shot G11



 
 
 
【2】
板井原集落のメインロード。

IMG_4485.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【3】
昔ながらの山村です。加えられたものと言えば、電柱だけでしょうか。

IMG_4483.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【4】
綺麗な花が手入れされていて、今でもこの地に人が住んでいる事を示しています。

IMG_4520.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【5】
集落の民家は、新しいものでも50年を経過しているそうです。

IMG_4502.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【6】
養蚕をしていた民家。小さな山村には似合わない、大きな構えです。

IMG_4500.jpg
 
 
  
 
 
 
【7】
立派な蔵。それなりに豊かな生活を送られていたのでしょうか。

IMG_4501.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【8】
集落の中で突然現れた、わんこ(^^)

IMG_4491.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【9】
人懐っこくて、まとわりついてきました(笑)この地の人々に、愛されてるんでしょうね。

IMG_4489.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【10】
綺麗な山水は、おいしいかい?(^^)

IMG_4492.jpg







【11】
モデルになってもらいました。山村のあぜ道と、わんこ。絵になります。

IMG_4495.jpg
 
 
 
 
 
 
 
【12】
ありがとう、また来るからね(^^)

IMG_4529.jpg






連休を利用して、鳥取をバイクツーリングしてきました。

この集落はツーリングマップル(バイク用地図)に乗っていて、ネットで調べて行ってきました。
噂には聞いていましたが本当に当時のままで、初めて来たのに懐かしい風景です。
山奥にあるのと、途中の道が急坂で車の離合困難なためか、連休中だというのに観光客は少なく
ここだけ時間がゆっくり流れているかのようでした。

今では集落の多くの方がお年寄りですが、この地で生活されています。
観光地と言っても、生活を壊すような整備は一切行なわれていません。

素朴な日本の原風景、いつまでも大切にしたいですね。





更新が滞ってすいません(汗)
いつもながらのマイペースで、皆さんのところにも訪問させていただけてない状況ですが、
時間が取れ次第、更新もボチボチ進めて行きたいと思います。

・・・深刻なネタ切れでもありますので(^^;

[2010/05/08 22:57] 鳥取の風景 | TB(0) | CM(4)

 あ、痛い腹・・・・・・ではなく、板井原集落。

 ここ、長閑ですよね。
 ここにある二つのカフェのうち、野土香さんにはちょくちょく入るのですが、結構おいしいです(笑)


 智頭から入る離合の難しい山間の道。
 それ以外に、もう少し入りやすい道はないのかと、しょっちゅう地図を眺めてます ^^;
[2010/05/09 22:58] RKROOM [ 編集 ]

こんにちは~

おっ、RKさんが何度か行かれてた場所ですね。
私も行ってみたい場所リストに入っちょります。

まさに昭和の光景ですね。
懐かしさいっぱいで歩き回れそうです。

[2010/05/10 13:07] とっぷん [ 編集 ]

そうですか、観光地なんですね。
うちの近くでも、こんな風景ですね。
しかし、画像を拝見すると
なつかしいです。
[2010/05/15 07:50] [ 編集 ]

★RKROOMさん

ご無沙汰してすいません。

痛い腹・・・じゃなくて、板井原(笑)

この時も、「野土香」さんに行ってのんびりさせていただきました。
撮影だけじゃなく、ツーリングスポットとしても素晴らしい場所ですね~。
途中、車での離合は絶対にしたくない道が続きますが(汗)



★とっぷんさん

ご無沙汰してすいません。

こちらはお勧めの場所ですよ!!ただ、車の運転は気をつけないといけない道が続きますが・・・(汗)

日本の農村の原風景がここにはあって、初めてなのに懐かしい空気に包まれます。



★海さん

ご無沙汰してすいません。

こういった風景、中々見つけようとしても見つからない事が多くて・・・ここに行くと、なぜだかホッとする安心感がありました。
それは僕の故郷の田原に帰った時と同じような感覚で、この風景はおそらく日本人の心に深く刻まれている「古里の風景」なんでしょうね。
[2010/06/20 21:38] okkie [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/430-d4aa3d07