Wall Painting 

wall1.jpg

「さぁ行こう。みんなが待っている。」

…そんな台詞が浮かんでくるような、想像が膨らむ絵です。

最近では、工事現場や地下街の殺風景な雰囲気を防ぐために
こういった絵が書かれた壁をよく見かけますね。

周りの風景とうまく調和していて、道行く人の興味を引き寄せています。

ちなみに、みなさんはこの絵を見て、どんな台詞が浮かんできますか?(^^)

(2006年5月撮影)

撮影地:大阪市・梅田

撮影機材:RICOH GR DIGITAL



wall2.jpg

これが、周りの環境です(^^)

大阪駅の桜橋口から阪神電車の西口改札や
地下鉄四つ橋線に向かう地下道にこのような壁画が
施されています。
梅田に出かける方はよくご存知の場所で、
雑誌のフォトコンテストにもこの場で撮られた写真が
入選している時があります。

街中って、意外と面白い被写体でいっぱいですよね。

天気が悪くて写真が撮れなくても、常にカバンには
GRが入っていて、実家に向かう最中に天王寺や梅田を
ウロウロしながらプチスナップをしたりして
気分転換してます。

もし皆さんが大阪梅田に出かけられた際は、
GR DIGITALを持って地下をウロウロしている
怪しい格好の男性を見たら、僕だと思ってください(笑)

[2006/05/20 21:31] スナップ | TB(0) | CM(4)

 ここ、知っていますよ~。
 以前京都に住んでいたときは、通勤途中に毎日見てました。
 今は、阪急なんで、ここあまり通らないんですけれどね。

 ここの絵って、本当にうまいというかさりげないというか違和感がないというか・・・・・面白いですよね。

 見事なものだなーと見るたびに思っていたものです。

 そうそうおっきィさま、GRもいいと思うのですが、最近私は、30Dも欲しいっ!!!(笑)。

 というジレンマが・・・・・。
 というか、そろそろ入門機(Digital Kiss)卒業してもいいですか?(笑)。
[2006/05/20 23:41] RKROOM [ 編集 ]

ビジネスマンてカンジですね。
最近は、疲れたサラリーマンとしか見えなくなりました。
パリッとスーツを着こなして、颯爽と歩く。。。
中身はみんな同じ人間なのに、身なりで結構判断されてしまう事多いですよね。
仲間に入ってしまえば、ただの人です。
どんな職業の人も同じです。
世間では、尊敬の対象とされるような職業の人でも、同じ人間ですから、疲れもするし弱音も吐きます。
立ち止まって見ると、周りが動いてるスピードが意外にゆっくりだったりして。。。
そんな事を最近思います。
[2006/05/21 10:56] ぷりん [ 編集 ]

私もどこでも本気で写真撮っているので
変なヤツみたいな目で見られてる気がするとき
ありますよ^^;
でも、撮りたいから気にしないですけどね。
もし、梅田にてあやしげな人を発見したら
もしかして!って嬉しくなりそうです。
[2006/05/21 21:09] atom. [ 編集 ]

>RKROOMさん

ここの絵、梅田を歩く人には結構注目を浴びてますね。
ひとつひとつがそれぞれストーリー性を持っていて、
結構おもしろいです(^^)
実は僕、よくこの辺をウロウロしてますので、
もしかしたらニアミスするかも知れませんね(笑)

やっぱり、30Dですか(^^)
確かに、Kissデジより使い勝手よさそうですもんね。
雑誌を見て、僕もちょっとEOSが欲しくなりましたから(笑)
…D30の次に、GRはいかが?←追い討ち


>ぷりんさん

そうですね。スーツを着るだけで、人はビシと見える分、
それに伴うプレッシャーも身につけているんでしょうね。
その分、人の心も複雑化し、疲れた人が多く見受けられる気がします。
最近は、心のケアの大切さもピックアップされて、
心療内科という心の相談をしやすい病院も増えつつありますが、
本来、人生は楽しいもののはず。
堅苦しい肩書きなんて取ってしまって、もっと伸び伸びと
人生を豊かに過ごすのが、本来の人の生き方のはずなのに…と、
ふと思ってしまうことがありますね。


>atom.さん

atom.さん、大丈夫ですよ!
僕なんて、公園で花を撮るときに、地べたで寝転がって
花を撮ろうとしたら、友達から止められましたから(笑)
撮影に夢中になると、周りの目が気にならないタイプです(^^)
もし、大阪に来ることがありましたら、ぜひ梅田を
じっくり歩いて下さい。カメラを持った怪しい人間
は、多分僕のはずですから(笑)
…その時は、ぜひ声をかけて下さいね(^^;
[2006/05/21 22:33] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/44-3aea0615