存在感は衰えず 

20060531214614.jpg

役目を終えた車が、山の中の道路際にそっと置かれていました。

もう動くことのないその車は、ただここで朽ちていくのを待つばかり。

きっと多くの人々と一緒に、夢や希望も運んできたことでしょう。

役目を終えた今でも、存在感は決して衰えていない気がします。

僕はその存在感に心を動かされ、そっとフィルムに焼き付けました。

(2003年8月撮影)

撮影地:兵庫県篠山市

撮影機材:Nikon FM2  Ai Zoom Nikkor 35~70mm F3.3~4.5S

撮影フィルム:フジクローム トレビ100C



 
時代はデジタル全盛期になりまして、僕の機材もNikon D200を筆頭に
デジカメがメインになりました。
一番の魅力は、撮った直後にモニターで確認できること。
失敗しても消せばいいだけですし、フィルム写真の同時プリントの
ように、気に入らない写真までプリントされるということもありません。

でも、デジタル独自の階調の低さ(特に白トビ)という点、
それに半切以上の大伸ばしをするにはちょっとつらいという欠点も
痛感しています。
まぁ、一般ユースで半切まで引き伸ばすことはあまりありませんが(笑)

写真業界ではよく、フィルム写真の行く先は!?ということが議論されて
います。フィルムの将来に否定的な意見もありますが、僕個人としては
フィルム写真も大切にしていきたいところです。

使いやすさは断然デジタルの勝利でしょう。デジカメの普及によって、
写真を趣味とする人々(特に女性)も一気に増えて、長く写真をやって
きている僕にとっては、とても嬉しいことです。

でも、フィルムで撮る時のあの緊張感、そしてポジが上がってきて、
マウントにしてからファイリングする満足感、それに、デジタルの
ようになんらかの拍子でデータが消えてしまうことのない安心感は
デジタルでは絶対に得られないものだと思います。

フィーリングなんて…と思われるかもしれませんが、写真は「写心」で
あり、機材に対する期待感・満足感は少なからず写真に影響をします(多分…)。

そういった意味では、長い歴史を持つフィルムがそう簡単に
消えることはないと思います。値段の高騰はあり得ますが(^^;

いずれにしても、デジタルもフィルムも、気持ちよく写真が撮れれば
それが一番いいことなのかなと。だから、メーカーさんにはぜひ、
質感が高くて、長く所有しても輝きの消えないくらいのカメラを
ぜひ作ってほしいと思います。

そういえば、冷蔵庫にポジフィルムが冷やしてあるのを思い出しました。
次の週末は、なんとか天気が持ちそうですね。
デジカメとフィルムカメラ、欲張って両方持っていこうかな(^^;

注)フィルムは生モノなので、うちでは冷蔵庫で冷やしています。
  そうしないと、期限内であっても乳剤が痛んでしまいますからね。

…すいません、ついつい熱く語ってしまいました。それくらい、写真が好きなんです(笑)
[2006/05/31 22:05] フィルム写真 | TB(0) | CM(4)

フィルムの方がやっぱり味がでるのでは。。。
素人ながらそう思ってしまいます。

家では湿布と冷えピタそれに乾電池が冷蔵庫に入ってます。
[2006/06/01 00:35] ぷりん [ 編集 ]

 ディジタルとフィルム。一長一短だと思います。

 フィルムカメラもがんばって欲しいですね。
 そのうちディジタルが物足りなくなったらフィルムカメラに変えるかもしれませんし。

 まぁ多分。
 本当によい技術は残っていくと思います。
[2006/06/01 00:56] RKROOM [ 編集 ]

私も半年ほど前までは、ポジフィルムを使っていました。
そして同じく冷蔵庫にフィルムを冷やしっぱなしです^^;
どうしてもデジタルの便利さに負けて、デジタルばかりを
使ってしまっていますが、やはりフィルムに負ける部分を感じています。
やはりポジが上がって、ルーペでのぞいたときの嬉しさってのは
デジカメ写真をみるディスプレーからは感じられません。
とはいえ、デジカメは便利なんですよねー。お金もかからないし。
どちらも大切にしたいですね。
[2006/06/01 12:53] atom. [ 編集 ]

>ぷりんさん

デジタルとフィルム写真の差は、プリントレベルでは
差がないように見えますが、事細かくいうとやっぱり
まだ多少の差はあるのが事実なんです。
でも、一般ユースにおいては、ほとんど問題には
なりません。
でも、やっぱりフィルムの方が、味はありますね(^^)

ちなみに、うちの冷蔵庫は、他に賞味期限の切れた…
すいません、これ以上は怖くて書けません(笑)


>RKROOMさん

どちらが優れているか、という部分については判定が
難しいくらい、双方で長所短所がありますよね。
便利さを取るか、味を取るか。選択に困った時は、
デジカメとフィルムカメラ両方を持ち歩くことに
しています。
フィルムが消えることはないと僕も思っています。
ただ、時代の流れとして、現像代が高騰することは
あるかもしれませんね。


>atom.さん

僕も使用頻度を考えると、圧倒的にデジカメになって
しまいますね。
フィルムはスキャニングする手間がかかるものですから…
でも、階調はやっぱりフィルムの方が有利かと思うんですよね。
夕日を撮ったらわかるんですが、デジカメの場合、
「あれ?こんな所から白く飛んじゃうの!?」と思えるくらい、
白トビが顕著に現れます。
これは、画像処理エンジンの性能にもよるんでしょうけど…。
お互いの長所短所をしっかり把握して、どちらも大切に
写真を撮っていきたいものですね。
[2006/06/04 21:42] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/54-b3a3f122