花菖蒲 

syobu.jpg

近所に花菖蒲園(といっても、規模が小さいですが…)がありまして、
ちょうど咲いている時期だったんで、自転車をかっ飛ばして行ってきました(^^)
朝、通勤する際にその真横を通っているので、花を見るたびにウズウズしてたんですよ(笑)

…それにしても、菖蒲って難しい被写体ですよね。
タオルみたいに花びらがヒラヒラするので、どういったら綺麗に見せれるか、
ファインダー越しに四苦八苦していました。

菖蒲に限らず、花はみんなそう。

綺麗に見えるポイントはどこかにあって、そこにたどり着くまで苦労するけれど、
ちゃんと被写体と会話ができれば、ファインダーの中でイメージが一致します。

その時、「ここだー!!」って、心の中で叫んだりしてます(^^)

花を綺麗に撮られる人、ホントに尊敬します。
僕ももっと花と会話できるようにセンスを磨かないと!!

(2006年6月撮影)

撮影地:大阪府藤井寺市

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



 
今日は以前から、ぜーったい写真を撮るんだ!!って決めてまして、
朝から箕面まで撮影に行っていました。

今日の行動は、こんな感じでした。

朝6時起床→7時半出発→箕面駅9時着→箕面の滝10時到着→1時間程撮影に没頭
→帰路に向かう、箕面駅11時30分到着→藤井寺13時到着→用事処理
→17時半、菖蒲園へ→19時帰宅→20時30分実家へ→22時頃、実家でヒナブンとたわむれる(予定)

…むりやり写真を撮る時間を入れ込んだので、すごくタイトな予定に
なってしまいました(笑)
でも、写真を撮る時間が取れたのは、ホントに嬉しい!!

箕面、菖蒲園合わせて、結構ネタを貯めれましたので、また小出しで
アップしていきたいと思います。

さて、これから実家へ帰って、ヒナブンとたわむれてきます(笑)
ご感想をいただいているのにお返事が遅れがちで申し訳ないですが、
明日にはお返事させていただきます。ごめんなさい…
皆さんのところへも、明日お伺いしますね。
それでは、行ってきます(^^;
[2006/06/03 19:23] マクロ | TB(0) | CM(5)

菖蒲に限らず、花には向きがあって、ずーっと眺めているとなんとなく解ってきますから、研究してみてください。

いってらっしゃ~い!!
[2006/06/03 19:54] ぷりん [ 編集 ]

箕面まで?

朝早くから、箕面までご苦労さまです。
どんな写真がとれたか楽しみにしてます。

花には向きがるのか~それを研究して撮るのね!
花を活けるときも同じこと考えます。

[2006/06/03 21:00] きらきら [ 編集 ]

 お疲れ様でございます。
 私は天気のいい今日、お仕事でした。

 「撮りに行きたーいっ」と何度思ったことか・・・・。
[2006/06/03 23:51] RKROOM [ 編集 ]

すごくきれいに撮れてますねー。
私はアヤメとか花菖蒲は難しいので避けがちです^^;
結構、タイトなスケジュールですねー。
ちゃんと撮影時間を入れているのが偉い!!
ヒナブンは元気でしたか?
きっとかわいがってきたんでしょうね^^
[2006/06/04 21:21] atom. [ 編集 ]

>ぷりんさん

綺麗に見えるポイントは、どの花にもありますね。
向日葵なんて、それが一番わかりやすいんですが(^^)
ちなみに、花を撮るためにじっくり花を見つめている
時間がなんとなく好きです。
はたから見れば、ちょっと怪しいかもしれませんが(笑)


>きらきらさん

特に、菖蒲に関しては綺麗に見せるポイントを探すのに
すごく苦労しました。
真横?上?下から?…ありとあらゆるアングルから
探すので、結構大変ですね(^^;
箕面、行ってきましたよ~。また少しずつアップして
行きたいと思います。
ちなみに、今回はもみじの天ぷらは買いませんでした(^^)


>RKROOMさん

お仕事、お疲れ様でした…(T_T)
晴れた日に仕事をするのは、とても辛いですね。
僕も、窓越しに何回悔しい思いをしてきたことか…
ちなみに、箕面に行った際、阪急電車で淀川を渡りました。
RKROOMさんはこの辺りでよく写真を撮られているんですよね(^^)


>atom.さん

アヤメも菖蒲も、なんだか難しいですよね。
なんでだろ…やっぱり、綺麗に見えるポイントが
見つかりにくいからでしょうか(^^;
最近は休みの日があってないようなもので、何かと
用事が入っています。
その中で、ヒナブンは唯一の癒しでした(^^)
[2006/06/04 22:01] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/56-086aadd2