大観峰からの眺め 

aso2.jpg

阿蘇山とは正反対にある、大観峰から阿蘇の街を見おろします。
阿蘇は活火山である阿蘇山が作り出した、世界最大級のカルデラの中に
形成された町です。
火山の中にある町…という表現が的確かどうかはわかりませんが、
少なくとも「ひのくに」熊本の象徴である場所であることに間違いはありません。

(2006年8月撮影)

撮影地:熊本県阿蘇市

撮影機材:Nikon D200 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18~200mmF3.5-5.6G



 
いやぁ~睡魔には勝てませんよねぇ~!!

…すいません、昨日更新予定が、うたた寝をしていました(←またか!)

お酒を飲んだら眠たくなるし、かといってジッとしていても眠たくなるし…

眠ることはとてもいいことだとは思うんですが、うっとおしいことが多い仕事が
終わってからの自分の時間は、大切にしたいもの。

それが睡眠で(しかもうたた寝で)終わってしまうことは、ちょっと悲しい事だなぁ~と
少々後悔しつつあります(^^;

平日で今日は更新がないなぁ~という場合は、ほぼうたた寝していると思っていただいて
間違いありません!!(自慢にならないですね…笑)

[2006/08/22 20:35] 九州の風景 | TB(0) | CM(6)

うたた寝。。いい気持ちですね。
でも、気が付いたら日付が変わっていた・・・なんてことは悲しい(?_?)

この風景、懐かしい記憶が・・?
奈良の山の上から見た風景と同じでした。
[2006/08/22 22:14] [ 編集 ]

 この見下ろし感がいいなぁ。

 なんか、風景独り占め(一人じゃないようだけれど)で、贅沢ですね。
 でもヒネクレ者の私が思わず思ったこと。

 ・・・・・落ちたら痛そう(爆)
[2006/08/22 23:30] RKROOM [ 編集 ]

なんだかスカーッとする風景ですね。

なんだか、いつも愚痴で申し訳ないんですが、はっきり言ってしんどい。。。
なかなか、なじめなくて。。。
ハァーきつい。。。

ごめんなさい。。。続きはメールします。
[2006/08/22 23:38] ぷりん [ 編集 ]

お仕事大変なんですねー。
私は最近、仕事が楽なもんで、元気がありあまって全然、眠くなりません(笑)

「ひのくに」なんてかっこいいですよねー。
そして確かにそうだと思わせるだけのものがあっていいなってよく思います。
ちなみに福島は「うつくしま、ふくしま」っていうんですよ。
これ、個人的に結構、気に入っているんですが、熊本のひのくにほどの説得力?がないのが残念です(笑)

[2006/08/23 08:27] おはようございます atom. [ 編集 ]

うたた寝

うたた寝も気持ちの良いものですよね。
私もよく「うたた寝」はしますが、???何を言っているのやら・・・。

「ひのくに」熊本と言いますが、その通りかも知れませんね。
阿蘇山のカルデラからの煙は見えませんが、落ち着いた町並み
とでもいいましょうか?落ち着きましたよ。
この写真も良いですよね!! 
[2006/08/23 10:33] cowzoh [ 編集 ]

>海さん

いやぁ、僕なんて気がつけば明け方なんてよくありますよ(笑)
しかも、次の日が仕事の時はかなりショックです(^^;

なるほど、言われてみると、奈良盆地の風景もこんな
感じですよね。
阿蘇のカルデラも一種の盆地、通じるものがあるのかも
しれませんね。


>RKROOMさん

実際には、僕の周りに人が結構いました(笑)
ホントにこんな風景を一人占めできたら、気持ちいいでしょうね。
確かに落ちたら痛そう…というか、確実に痛いでしょうけど(笑)、
グライダーで飛んでみると気持ちよさそうですよね。


>ぷりんさん

そうですねー、普段こんな風景はなかなかお目にかかれないんで、
ホントにいい現実逃避になりましたよ(笑)
ぷりんさんのおっしゃる通り、僕も同じような感じですが、
時には心に休息を与えることも大切だと思いますね。
続きはメールの方で!(^^)


>atom.さん

仕事中も眠いですよ~。よくパソコンを見ながらうとうとしてますから(笑)

熊本県は「ひのくに」という愛称がありまして、阿蘇の
風景と合わせてみると、うまいこと言うな~って思います。
ちなみに、「うつくしま、ふくしま」もよく聞きますね(^^)
JRの電車のポスターで、よく福島県の案内をしています。
一度行って見たい場所です。もし行った際には、atom,さんに
ご案内していただくのをお願いしてもいいでしょうか?(^^)


>cowzohさん

うたた寝ほど気持ちいいものはありませんよね~。
あのフワフワ~とした感覚が、なんとも言えません(笑)

そうなんです、阿蘇のカルデラを一望できる写真を
撮れなかったんですよ~。ちょっと残念でした。
でも、また後ほどアップしていきますが、阿蘇山は
火口から煙が上がっていて、まさに「ひのくに」を
感じさせる場所でありました。
[2006/08/23 21:41] おっきィ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okkie.blog61.fc2.com/tb.php/94-d0516c87